隆の勝関、初の幕内2桁白星の快挙!

記念すべき令和元年の九州場所は、本日11月24日に無事千秋楽を終えました。

「隆の勝九州後援会」が立ち上がって初めての九州場所。1年ぶりの再入幕であった隆の勝関は、何といきなり大台10勝という好成績を上げました!

場所前には「化粧回し贈呈式」も無事終え、羽ばたくドラゴンのように前に出る隆の勝関の取り組みに感動させてもらった15日間でした。

2020年の初場所は更に番付を上げ、自己最高位を大幅更新で迎えることになると思います。
取り急ぎ応援して頂いた皆さまへのお礼にかえてご報告申し上げます。

隆の勝関 化粧回し贈呈式 NOBU dragon

再入幕を果たして自己最高位まで番付をのばした隆の勝関への「化粧回し贈呈式」を福岡市内で開催しました。
贈呈式には千賀ノ浦親方、先代の常盤山親方にもご列席頂きました。

正絹博多織による、職人の手作業によって2か月以上制作にかかった化粧回し。

大きな翼を広げる勇ましい緑色のドラゴンは、隆の勝関本人。右翼には「正義の剣」を持ち、左翼には「公平の天秤」を掲げ、勇ましく戦う姿をイメージしました。

いつもにこにこ笑顔で優しい隆の勝関が、土俵上では一転、凛々しい顔つきとなり、炎のように闘います。
そんな隆の勝関を現すとともに、九州場所再入幕を機会に、さらに羽ばたいて欲しいという願いを込めています。

既に厳しい稽古が福岡の地で始まっており、11月10日からは九州場所が始まります。